転職と中国語検定

今後の就職や転職にどんな資格が有利?

中小企業診断士・社会保険労務士・宅建など様々な資格の名前が挙がると思います。

でも忘れてはならないのが、世界がもっと熱い市場の中国です。
世界中で中国語を学習する人は3000万人、日本でも200万人。
そして中国に工場を持つ日本のメーカーは37%にものぼります。

求人サイトで確認してみても。。。

株式会社リクルートエージェント


検索キーワードは、英語、CADに次いで中国語は第3位です。

今後ビジネスにおいてますます高まる中国へのニーズ。
中国語の能力を企業にアピールするためには?
20年以上の実績を誇る中国語検定が注目されています。

中国語検定は、1級・2級・準2級・3級・4級・準4級が設けられています。
3級で日常会話がこなせるレベル、ビジネス現場では実務レベルの準2級以上が求められています。

試験は6月・11月・3月の年3回行われています。

日本中国語検定協会

では、中国語検定学を受験するのはどんな勉強をしたらよいのでしょうか?

 ■ゼロからスタートする中国語検定

ゼロからスタートする中国語検定

中国語検定は筆記とヒアリングでともに100点ずつ出題されます。

初心者がいきなりビジネスレベルの準2級を目指しても当然無理があるので、まずは日常会話レベルの3級がひとつの目安となります。

では、3級取得のための学習時間は?
200時〜300時間の学習が必要となります。

単語・文法からヒアリングまで基礎から徹底的に学ぶ。
独学でバランスよく300時間を確保するのはなかなか難しいですよね?

そこでゼロからスタートできる教材は?






この教材は、初心者が3級合格レベルに到達する内容になっています。
標準学習時間が320時間!
単語・文法を音声付でしっかり反復練習したあとヒアリングに臨みます。

基礎から学べるだけあって、ボリュームは十分です。
暗記するまで次のステップに進めないので、ごまかしが効きません。

毎日一定の時間パソコンに向かって継続的に学習できる。
そんな人にはオススメの教材です。

ただし、すぐに挫折してしまう意思の弱い人には無理です。
まあこれはこの教材に限ったことではないでしょうが、3級レベルに到達するまでには少なくとも半年〜1年は必要です。
漢字が読めるといっても、文法や発音は簡単にマスターできるものではありません。

根気強く勉強できる人は、新たな可能性として中国語検定にチャレンジしてみては?


中国語検定3級合格保証ソフト


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。